宅建初学者の方へ…民法の地図
【基本書以前】宅建民法(No.8)

民法の地図

基本書への橋渡し【No.8】

このつぎの回からいよいよ、

具体的な民法の内容に入っていきます。

 

その前に、勉強のコツといいますか、

要領よく学習を進めるための心構えを

少しお話しておきます。

 

世の中のほとんどの人が、

何か新しいことを覚えようとするとき、

 

前からきっちり、すき間なく

「完璧」に覚えていこうと気構えます。

 

これを「完璧主義」といいます。

 

「完璧主義」は長続きしません。

 

たとえば学生時代、日本史の勉強で、

縄文時代は完璧に覚えたのに、

平安、鎌倉あたりで挫折した…

 

という方は少なくないかと思います。

 

一方、要領よく勉強する人は、

本格的な勉強に入る前に、

全体像を把握してから始めます。

 

電車の駅を順番に覚えるときに、

最初から一駅ずつ覚えるのではなく、

 

始発駅から終着駅まで、

特急が止まる駅を先に覚えてから、

各駅停車の駅を覚えていくイメージです。

 

民法の勉強をするときも同じです。

 

まず「民法の地図」を頭に入れます。

 

民法は、大きく3つに分かれていて、

 

最初に全体に関連することを

「総則」という形でまとめてあります。

 

そのあと前半が「財産」、後半が「家族」

に関するルールが並んでいます。

 

さらに「財産」のルールは「物権」「債権」、

「家族」のルールは「相続」「親族」と

それぞれ2つずつに分かれています。

 

つまり、民法は、

「総則」「物権」「債権」「相続」「親族」の

5つで構成されています。

 

最後の「親族」に関しては、

宅建試験で直接問題になることはありませんが、

 

「相続」を理解するときに必要な知識も含まれています。

 

基本書の「目次」を眺めてみましょう。

 

「権利関係」というところに

「民法」の説明が書いてあります。

 

制限行為能力者~時効・・・このあたりが「総則」

 

それに続いて

「物権変動」~「抵当権」・・・このあたりが「物権」

 

「債務不履行」~「不法行為」・・・これが「債権」で、

 

最後に「相続」が載っているのが一般的な基本書です。

 

権利関係は、この他に「借地借家法」「区分所有法」や

「不動産登記法」などもありますが、

 

これらは「民法」に関連する別の法律になります。

 

宅建民法【MAP】へもどる→

221957_m

【電話受付】

9:00~18:00(月~土)

定休日:日曜・祝日

※メール・お問合せフォームからは、

 毎日24時間受け付けております!

 

お近くの「無料相談室」をご指定頂くか、

ご要望があれば、ご自宅・会社または

お近くのカフェまで出張します。

 

【無料相談室】

■JR中央線「八王子駅」徒歩5分

八王子市子安町4-15-19 101

■JR中央線「日野駅」徒歩16分

日野市神明2-14-1 1-102

■小田急線「鶴川駅」徒歩6分

川崎市麻生区岡上1-13-15 103

多摩シェルパ行政書士事務所

〒192-0904

東京都八王子市子安町4-15-19

大久保ビル301号室

 

代表行政書士 馬場猛寿( ばば たけひさ )

ホームページはこちらから!

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事