宅建初学者の方へ…善意と悪意
【基本書以前】宅建民法(No.5)

善意と悪意

基本書への橋渡し【No.5】

民法を勉強していると、

「善意」「悪意」という言葉が出てきます。

 

私たちの日常生活の中では、

 

善意=親切な気持ち・おもいやりの心

悪意=他人をおとしいれようとする邪悪な心

 

というニュアンスでとらえてしまいます。

 

しかし民法では、

 

善意=知らないこと・信じていること

悪意=知っていること・信じていないこと

 

と、なります。

 

たとえば、AさんがBさんに飲み会の席で、

 

「オレの車をタダでやるよ」

 

と冗談で言ったとします。

 

AさんはBさんなら冗談だとわかってくれる

と思って言ったのだとしても、

 

もしこのとき、

 

BさんがAさんの言葉が冗談だとわからず

心の底から「タダでくれる」と信じた場合、

 

Bさんは「善意」であるため、

この口約束(契約)は成立してしまいます。

 

つまり、BさんはAさんに車の引渡しを

請求する権利を得るのです。

 

逆に、Bさんが、Aさんの言葉を真に受けず

最初から冗談だとわかっていて

信じていなかった、という場合は、

 

Bさんは「悪意」なので、契約は無効で、

車の引き渡しを請求することは許されません。

 

それならBさんは、たとえ悪恵だったとしても、

 

「知らなかった」「信じてしまった」と、

「善意」を主張すればよいのでは?

 

と思いますよね。

 

だから、もしこれがこじれて

万が一、争い(裁判など)になった場合、

 

「悪意」だったか「悪意」だったかが、

争点(裁判などのポイント)となり、

 

それぞれ主張する証拠などを出して

お互いに戦うのです。

 

 

宅建民法【MAP】へもどる→

24408739_m

【電話受付】

9:00~18:00(月~土)

定休日:日曜・祝日

※メール・お問合せフォームからは、

 毎日24時間受け付けております!

 

お近くの「無料相談室」をご指定頂くか、

ご要望があれば、ご自宅・会社または

お近くのカフェまで出張します。

 

【無料相談室】

■JR中央線「八王子駅」徒歩5分

八王子市子安町4-15-19 101

■JR中央線「日野駅」徒歩16分

日野市神明2-14-1 1-102

■小田急線「鶴川駅」徒歩6分

川崎市麻生区岡上1-13-15 103

多摩シェルパ行政書士事務所

〒192-0904

東京都八王子市子安町4-15-19

大久保ビル301号室

 

代表行政書士 馬場猛寿( ばば たけひさ )

ホームページはこちらから!

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事