宅建初学者の方へ…権利と義務
【基本書以前】宅建民法(No.1)

権利と義務

基本書への橋渡し【No.1】

野球の試合でバッターは

3つストライクを取られるまで

バッターボックスに入る権利が

与えられています。

 

しかし、3つストライクを取られると

「三振」となり、

バッターボックスを去る義務を負います。

 

これが野球のルールです。

 

民法は生活のルールです。

 

私たちのふだんの生活の中で、

誰にどんな権利があり、

誰にどんな義務があるのか、

が決められています。

 

民法は、生活している中で生まれる

権利と義務のルールブックなのです。

 

たとえば、Aさんが買った家は、

 

Aさんが住むことも、

他の人に貸すことも、

あるいは売ってしまうこともできます。

 

Aさんが買った家には

Aさんの権利が生まれているからです。

 

この家に他人のBさんが勝手に住むことは

もちろん許されません。

 

もしBさんが勝手に住んでいたら、

AさんはBさんに対して

「出ていけ」という権利があります。

 

Aさんに「出ていけ」と言われると、

Bさんには出ていく義務が生まれます。

 

これくらいの「権利と義務」の話であれば、

民法初学者でも常識として理解できますが、

 

民法を学習していると、

私たち初学者の常識と違うことが

かなり多く出てきます。

 

たとえば、Bさんは、Aさんの家を

勝手に売ることができます。

(これを「他人物売買」といいます)

 

さらに、勝手に住んでいるBさんに対して

Aさんが無理矢理追い出して、

奪い返すことはできません。

(「自力救済禁止の原則」といいます)

 

また、民法の学習の中では、

 

AさんがBさんに家を売ったあとに、

Cさんにも同じ家を売ったりします。

(これが「二重売買」の問題です)

 

こんな話をはじめて聞いた人は

何だかモヤモヤするかもしれません。

 

こんな私たちの常識から離れた事例こそ

しっかりと理解しながら進めていくことが

民法を身に着けるポイントとなります。

24000053_m

【電話受付】

9:00~18:00(月~土)

定休日:日曜・祝日

※メール・お問合せフォームからは、

 毎日24時間受け付けております!

 

お近くの「無料相談室」をご指定頂くか、

ご要望があれば、ご自宅・会社または

お近くのカフェまで出張します。

 

【無料相談室】

■JR中央線「八王子駅」徒歩5分

八王子市子安町4-15-19 101

■JR中央線「日野駅」徒歩16分

日野市神明2-14-1 1-102

■小田急線「鶴川駅」徒歩6分

川崎市麻生区岡上1-13-15 103

建設業許可を取るときは、許可の種類や業種、要件など最新の「建設業法」に従って申請する必要があります。

 

また、申請時に提出する添付資料は、都道府県ごとに違うものが多いので、申請前にしっかり確認しておかなければ、せっかく申請に行っても、補正をして後日再提出することになります。納税証明書や残高証明書など、証明書類には有効期限があるので、何度も再提出をしていると、そのうち期限が過ぎて再度取り直すことになってしまいます。

 

建設業許可」について何か疑問に思う事やご相談などございましたら、お気軽に下記「お問合せフォーム」でご連絡ください!

 

多摩シェルパ行政書士事務所

〒192-0904

東京都八王子市子安町4-15-19

大久保ビル301号室

 

代表行政書士 馬場猛寿( ばば たけひさ )

ホームページはこちらから!

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事