減価償却費を計上していますか?(賃貸住宅経営の経費削減術)
賃貸住宅経営セミナー【No.9】

そもそも減価償却費とは何か?

■賃貸住宅経営セミナー【概要編⑨】

 確定申告で必要経費として計上できるものをもれなく計上することが節税の基本ですが、計上するのを忘れてしまう必要経費に「減価償却費」があります。10万円未満、または使用期間が1年未満のモノは消耗品として購入した年にすべて必要経費として計上できます。しかし、10万円以上かつ1年以上使用するモノに関しては資産となりますので、固定資産税がかかります。

 

 これらのモノにかかる固定資産税を、土地や建物の固定資産税と区別するために「償却資産税」と呼ぶこともあります。そしてその使用期間のことを「耐用年数」といい、例えば、パソコンは4年、木造の建物は17年など、それぞれモノによって法律でその期間が決まっています。

 

 例えば、20万円のパソコンを購入した場合、その20万円をすべてその年に計上できるわけではなく、20万円を耐用年数4年で割った5万円ずつ価格が下がると考えて、その5万円のみ毎年4年間「減価償却費」として計上できるのです。この「減価償却費」に気づかず、必要経費として計上しないまま納税すると損をしてしまいます。

 

←prev.【No.8】必要経費を見直す(賃貸住宅経営の経費削減術)

 

next→【No.10】償却資産の特例とは?(賃貸住宅経営の経費削減術)

 

賃貸住宅経営セミナー【MAP】目次ページ

5166179_s

【電話受付】

9:00~18:00(月~土)

定休日:日曜・祝日

※メール・お問合せフォームからは、

 毎日24時間受け付けております!

 

お近くの「無料相談室」をご指定頂くか、

ご要望があれば、ご自宅・会社または

お近くのカフェまで出張します。

 

【無料相談室】

■JR中央線「八王子駅」徒歩5分

八王子市子安町4-15-19 101

■JR中央線「日野駅」徒歩16分

日野市神明2-14-1 1-102

■小田急線「鶴川駅」徒歩6分

川崎市麻生区岡上1-13-15 103

賃貸経営しているアパートやマンションが老朽化し、入居者を集められないまま空き室が増え、その空き室期間も長期化し、不安をかかえている大家さんは少なくありません。今、本当に困っている賃貸住宅経営者を対象に、この3年間、私が行ってきたセミナーの内容をご紹介していきますので、是非参考にしてください。

 

様々な資料から最新の情報を集めてまとめたコンテンツですが、法律の改正等により万が一内容に誤り等がございましたら、下記「お問合せフォーム」でお知らせいただけたら助かります。また、ご不明な点やご質問なども随時受け付けておりますので、お気軽にお問合せください!

 

多摩シェルパ行政書士事務所

〒192-0904

東京都八王子市子安町4-15-19

大久保ビル301号室

 

代表行政書士 馬場猛寿( ばば たけひさ )

ホームページはこちらから!

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事