近隣物件との差別化(物件力を上げる空き家対策)
今すぐ始められる空き室対策【No.18】

家賃の値下げは「負のスパイラル」の始まりです

■賃貸住宅経営セミナー【概要編⑱】

 入居者を集めるには、ポータルサイトなどでの物件情報の伝え方が大事なのですが、とはいっても、近隣の物件と間取りや設備が変わらなければ、あとは築年数と家賃の違いで選ばれてしまいます。そうなると、築年数が古い物件は家賃を下げなければ入居者が集まらない、と考えてしまいます。

 

 目先の空き室対策で家賃を下げると一般的に入居者の質が下がり、それに伴って「物件力」も下がり、ますます入居者が集まらなくなってしまいます。このような経験をされた大家さんも多いと思います。いわゆる「負のスパイラル」に陥ってしまうのです。

 

 空き室対策で大切なのは、やはり「物件力」です。家賃を下げないで近隣物件と差別化する「物件力」で入居希望者を惹きつけなければなりません。人はモノ自体にお金を払うのではなく、体験、変化、安心など、未来への期待に投資するのです。

 

 そこで、私が賃貸住宅の経営者対象に行っているセミナーで空き室対策として提案しているのが、「災害対策」と入居者ニーズに合わせた「個性の演出」です。次回から2回に渡って、この「物件力」の上げ方について詳しく解説いたします。

 

←prev.【No.17】あなたの物件はどのように紹介されていますか?(入居者心理を理解する)

 

next→【No.19】災害に強い物件(物件力を上げる空き室対策)

 

賃貸住宅経営セミナー【MAP】目次ページ

3778497_s

【電話受付】

9:00~18:00(月~土)

定休日:日曜・祝日

※メール・お問合せフォームからは、

 毎日24時間受け付けております!

 

お近くの「無料相談室」をご指定頂くか、

ご要望があれば、ご自宅・会社または

お近くのカフェまで出張します。

 

【無料相談室】

■JR中央線「八王子駅」徒歩5分

八王子市子安町4-15-19 101

■JR中央線「日野駅」徒歩16分

日野市神明2-14-1 1-102

■小田急線「鶴川駅」徒歩6分

川崎市麻生区岡上1-13-15 103

賃貸経営しているアパートやマンションが老朽化し、入居者を集められないまま空き室が増え、その空き室期間も長期化し、不安をかかえている大家さんは少なくありません。今、本当に困っている賃貸住宅経営者を対象に、この3年間、私が行ってきたセミナーの内容をご紹介していきますので、是非参考にしてください。

 

様々な資料から最新の情報を集めてまとめたコンテンツですが、法律の改正等により万が一内容に誤り等がございましたら、下記「お問合せフォーム」でお知らせいただけたら助かります。また、ご不明な点やご質問なども随時受け付けておりますので、お気軽にお問合せください!

 

多摩シェルパ行政書士事務所

〒192-0904

東京都八王子市子安町4-15-19

大久保ビル301号室

 

代表行政書士 馬場猛寿( ばば たけひさ )

ホームページはこちらから!

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事