賃貸住宅経営で一番大切なこと
今すぐ始められる空き室対策【No.1】

コストを抑えて空き室を埋める!

「負のスパイラル」から脱出しましょう!

 日本人は「新築」が好きです。マイホームを買うときだけでなく、賃貸のアパートやマンションを探すときも、できるだけ新しい物件を求める傾向にあります。

 

 だから、日々新しい賃貸住宅が建てられています。その一方で、古くなった賃貸住宅には借り手がつかず、空き室が目立つようになります。

 

 大家さんとしては、できるだけ「空き室期間」をなくしたいので家賃を下げます。管理会社もそれを勧めます。

 

 しかし、家賃を下げると、一般的に入居者の質が下がり、物件がスラム化してしまい、ますます入居者が集まらなくなります。

 

 これがいわゆる「負のスパイラル」です。

 

 賃貸住宅経営で一番大切なのは、入居者が住みたいと思う間取り、設備が整った部屋にすること、すなわち「物件力」を上げることです。

 

 しかし、間取りの変更や設備投資に莫大なコストをかけてしまうと、それを回収できずに経営を悪化させてしまうリスクも大きくなってしまいます。

 

 いかにコストをかけないで「物件力」を上げるか?そしてその物件をどのように周知し、経営をプラスに転換させていくか?

 

 今、本当に困っている大家さんを対象に、私がこの3年間セミナーでお伝えしてきた内容を、この記事のシリーズでご紹介していきます!

 

 是非、参考にしてください。

 

next→【No.2】今と昔の住宅事情(空き家問題の現状と原因)

 

賃貸住宅経営セミナー【MAP】目次ページ

 

1198684_s

【電話受付】

9:00~18:00(月~土)

定休日:日曜・祝日

※メール・お問合せフォームからは、

 毎日24時間受け付けております!

 

お近くの「無料相談室」をご指定頂くか、

ご要望があれば、御社またはお近くのカフェ

まで出張します。

 

【無料相談室】

■JR中央線「八王子駅」徒歩5分

八王子市子安町4-15-19 101

■JR中央線「日野駅」徒歩16分

日野市神明2-14-1 1-102

■小田急線「鶴川駅」徒歩6分

川崎市麻生区岡上1-13-15 103

賃貸経営しているアパートやマンションが老朽化し、入居者を集められないまま空き室が増え、その空き室期間も長期化し、不安をかかえている大家さんは少なくありません。今、本当に困っている賃貸住宅経営者を対象に、この3年間、私が行ってきたセミナーの内容をご紹介していきますので、是非参考にしてください。

 

私自身でも様々な最新の情報を集めながらまとめたコンテンツですが、法律の改正等により万が一内容に誤り等がございましたら、下記「お問合せフォーム」でお知らせいただけたら助かります。また、ご不明な点やご質問なども随時受け付けておりますので、お気軽にお問合せください!

 

多摩シェルパ行政書士事務所

〒192-0904

東京都八王子市子安町4-15-19

大久保ビル301号室

 

代表行政書士 馬場猛寿( ばば たけひさ )

ホームページはこちらから!

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事