しゅんせつ工事業とは?(建設業許可の業種)
建設業許可をわかりやすく解説! 【No.37】

「しゅんせつ工事」を請け負う「しゅんせつ工事業」

建設業許可【詳細編】しゅんせつ工事の具体例と工事区分について解説

 建設業許可の27種類の専門工事のうちの「しゅんせつ工事」を請け負う業種を「しゅんせつ工事業」といいます。「しゅんせつ工事」とは、「河川、港湾等の水底をしゅんせつする工事」とされています。

 

 「しゅんせつ」という言葉はあまりなじみがありませんが、漢字では「浚渫」と書き、海や河川、運河などの水底をさらって土砂をすくいとることを言います。

 

 河川では、上流から土砂が流れてきて堆積するため川底が浅くなり川の流れが悪くなるので、流量を確保するために「しゅんせつ工事」を行います。また、河口部や港湾では海底に土砂がたまると、船が通るときに、おなかをこすったり座礁たりしてしまうので、船の安全な航路を保つために「しゅんせつ工事」を行います。

 

 「しゅんせつ工事」の工法には、「ポンプしゅんせつ工法」と「グラブしゅんせつ工法」という2つの工法があります。

 

 「ポンプしゅんせつ工法」は、主に広い範囲で、大量のやわらかい土砂を取り除くときに使われる工法です。船の先端についた吸水管でストローのように土砂と海水を一緒に吸い上げて海底を掘り下げる工事です。

 

 「グラブしゅんせつ工法」は、グラブバケットというショベルを水底におろして、クレーンゲームのように土砂をつかみ取って掘り下げる工事です。「ポンプしゅんせつ工法」よりも固い土を取り除くことができ、岸壁などの構造物の近くや狭い場所での工事も可能ですが、作業に時間がかかり、広い範囲を工事するのには向いていません。

 

 「しゅんせつ工事」については、工事例も「しゅんせつ工事」のみで、他の業種との区分も明確なので特に記載はありませんが、陸上から掘削機で施工する工事の場合は『とび・土工工事業』にあたることもあります。

 

←prev.【No.36】舗装工事業とは?(建設業許可の業種)

 

next→【No.38】板金工事業とは?(建設業許可の業種)

 

建設業許可をわかりやすく解説!【MAP】目次ページ

浚渫工事

【電話受付】

9:00~18:00(月~土)

定休日:日曜・祝日

※メール・お問合せフォームからは、

 毎日24時間受け付けております!

 

お近くの「無料相談室」をご指定頂くか、

ご要望があれば、ご自宅・会社または

お近くのカフェまで出張します。

 

【無料相談室】

■JR中央線「八王子駅」徒歩5分

八王子市子安町4-15-19 101

■JR中央線「日野駅」徒歩16分

日野市神明2-14-1 1-102

■小田急線「鶴川駅」徒歩6分

川崎市麻生区岡上1-13-15 103

建設業許可を取るときは、許可の種類や業種、要件など最新の「建設業法」に従って申請する必要があります。

 

また、申請時に提出する添付資料は、都道府県ごとに違うものが多いので、申請前にしっかり確認しておかなければ、せっかく申請に行っても、補正をして後日再提出することになります。納税証明書や残高証明書など、証明書類には有効期限があるので、何度も再提出をしていると、そのうち期限が過ぎて再度取り直すことになってしまいます。

 

建設業許可」について何か疑問に思う事やご相談などございましたら、お気軽に下記「お問合せフォーム」でご連絡ください!

 

多摩シェルパ行政書士事務所

〒192-0904

東京都八王子市子安町4-15-19

大久保ビル301号室

 

代表行政書士 馬場猛寿( ばば たけひさ )

ホームページはこちらから!

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事