「一部の特徴」に引きずられて「全体の評価」が歪められる
会社経営のヒント【No.51】

「経営者はコドク」と思ったら読むコラム

心理学編(17)ハロー効果

 会社経営や組織運営において、人材育成と人材評価は経営者の重要なタスクのひとつですが、等身大で人材を評価するのは本当に難しいものです。たとえば、「有名私立大学を卒業」とか「英語が話せる」と聞くと、一般的に「知性の高い人物」という評価をしてしまいがちです。

 

 「有名私立大学卒業」といっても、小学校からエスカレーター式で入った、あるいはスポーツ推薦だったかもしれませんし、「英語が話せる」だけで、その他の知識はそれほどでもない、ということも考えられるのですが、「有名私立大学卒業」「英語が話せる」という特徴に引きずられて、等身大以上の評価をしてしまいがちです。

 

 逆に、今の例でも、「エスカレーター式」「スポーツ推薦」だからといって、知性が高くないわけではないのですが、そう聞くとなんとなく等身大以下の評価をしてしまうこともあります。

 

 このように、一部の特徴に引きずられてバイアスがかかり、全体の評価を歪められてしまうような心理現象を「ハロー効果」といいます。ハロー(halo)とは聖人の頭上などに描かれる後光や光輪のことで、「後光効果」あるいは「光背効果」とも呼ばれることもあります。

 

 実際より高い評価をする現象を「ポジティブ・ハロー効果」、実際より低い評価をする現象を「ネガティブ・ハロー効果」といいます。企業や政党が高感度の高いタレントをCMや応援演説で起用するのは「ポジティブ・ハロー効果」を狙ったものですが、逆に、そのタレントが不祥事を起こすとすぐに降板させるのは「ネガティブ・ハロー効果」を避けるためです。

 

 「いい商品・いいサービスだから売れるわけではない」と言い続けている理由には、この「ハロー効果」の影響もあります。商品・サービスを提供する企業の印象は、この「ハロー効果」によって、良くも悪くも「売れ行き」を大きく左右します。

 

 特に現代はSNSでどんな小さな情報でもリアルタイムで拡散されてしまいます。だからこそ経営者は、「良いウワサより悪いウワサの方が広がりやすい」ということを意識して、コンプライアンスを重視する必要があるのです。

 

←prev.【No.50】損失を回収するまでやめられない心理現象

 

next→【No.52】人は三択のときは「真ん中」を選ぶ

 

会社経営の基本【MAP】目次ページ

25444912_s

【電話受付】

9:00~18:00(月~土)

定休日:日曜・祝日

※メール・お問合せフォームからは、

 毎日24時間受け付けております!

 

お近くの「無料相談室」をご指定頂くか、

ご要望があれば、ご自宅・会社または

お近くのカフェまで出張します。

 

【無料相談室】

■JR中央線「八王子駅」徒歩5分

八王子市子安町4-15-19 101

■JR中央線「日野駅」徒歩16分

日野市神明2-14-1 1-102

■小田急線「鶴川駅」徒歩6分

川崎市麻生区岡上1-13-15 103

会社を含めた組織を運営・経営していると、予期しない様々な壁にぶつかり、どちらに進むべきか?どのように対処するべきか?という判断に迫られることが多いものです。

 

私自身も行政書士事務所を運営し、会社経営・マーケティングを学びながら、多くの経営者様の経営サポートをさせていただいております。

 

そのような経験やその中で考えたことをご紹介することで、少しでも組織経営のヒントをご提供できれば、と思いこの記事を書いております。

 

「会社経営」「会社設立」「マーケティング」について何か疑問に思う事やご相談などございましたら、お気軽に下記「お問合せフォーム」でご連絡ください!

 

多摩シェルパ行政書士事務所

〒192-0904

東京都八王子市子安町4-15-19

大久保ビル301号室

 

代表行政書士 馬場猛寿( ばば たけひさ )

ホームページはこちらから!

 

【別テーマの記事】

● 賃貸住宅経営セミナー(大家さんのための空き室対策)

● 建設業許可をわかりやすく解説!(許可要件と申請のポイント)

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事